五十肩の治療

A,概念

 五十肩は40歳代から50歳代にかけて発症します、症状は肩の疼痛に始まり運動制限が起こり、続いて肩関節拘縮の状態になり、やがて大部分は症状が軽快していきます。
五十肩のはっきりとした原因は不明ですが、病態は肩関節を構成する骨、軟骨、関節包、回旋筋腱板など諸組織の加齢的変化を背景として、小外傷による組織損傷、肩峰下滑液包炎、上腕二頭筋腱鞘炎などの炎症を引き金として発症します。
疼痛は運動痛、夜間痛などで運動制限は外転、内旋、外旋が特に制限され、整髪、結帯動作などが困難となります。
症状は自然軽快の経過をたどるといっても、疼痛期から拘縮期にいたる過程で適切な治療を行うか否かで、五十肩の終末像にかなりの開きが出てしまうのが五十肩の特徴です。

B,鍼灸治療

 五十肩の鍼灸治療は発症初期から積極的に行ってまいります、これは鍼灸治療が疼痛緩和と肩関節周囲組織の炎症を鎮めるのに非常に効果的な作用を発揮するからです。
ただし原因が腱板断裂、細菌感染による炎症、骨腫瘍などによる場合は対象外となります。
治療は肩関節周辺の圧痛箇所を中心に行い、併行して肩関節周辺の筋緊張を和らげる治療も行います。

C,予防

 五十肩を引き起こす原因がはっきりしていないので、確実な予防はできないかも知れませんが、両肩同時に発症することはまずないということから、生活の中で片側に過度の負担をかけるような作業を、極力避けることによってある程度予防できます。

D,五十肩に対する鍼灸治療の効果

 五十肩に対する鍼灸治療の効果は、疼痛緩和に対しては初回から実感できますが時間が経過するとまた痛み出します。大切なのは痛みが和らいでいる間に肩関節のリハビリをして関節拘縮を防ぐことです。リハビリ法は理学療法士の指導を受けてもよいしネットで公開されている方法を自分なりにアレンジして行ってもよいです。とにかく鍼灸治療とリハビリで関節の可動域を確保することが重要です
無料
無料 無料